村主章枝(すぐりふみえ)

早稲田大学・教育学部卒業

村主章枝(すぐりふみえ)

項目詳細
職業フィギュアスケート選手
出身地神奈川県横浜市出身
誕生日など1980年12月31日
血液型AB型
卒業高校清泉女学院高等学校
結婚歴独身
備考村主千香(妹/プロスケーター)

荒川静香さんと同じ早稲田大学教育学部卒業となります。

荒川静香さんとはかねてから確執が伝えられており、遠征の時などは同室になると一言も口を聞かないので、かえって周囲の方が気を遣っていたのですが、トリノオリンピックの日本代表合宿において色々とこれまでの確執はご破算になったようです。

これはYouTubeの動画です。
四大陸選手権スペシャルでの村主章枝選手の動画映像です。
とくと、ご覧下さい。

こちらは備考にも書きましたが、妹のプロスケーター・村主千香さんで、テレビにてスケートのジャンプについて解説をしているところです。
中々テレビで、村主千香さんをご覧になる機会は無いと思いますが、可愛いですね。


村主章枝選手の得意技は、高速スピンですが得点にはあまり関係ないため、周囲からは「あまり得点にならないので高速スピンには、こだわらないように」と言われても、自分らしさを象徴するものなので、ということで現在でも高速スピンを得意技としています。

ただ股関節の故障をしてからは、もっぱらA字スピン・ドーナッツスピン・I字スピンなどの方へ移行しています。

現在は練習拠点も強化拠点のあるアメリカのニュージャージー州に移り住み、トレーニング中であります。

ちなみに劇団ひとりと幼なじみです。

奥田敬和(おくだけいわ)

早稲田大学・政治経済学部

奥田敬和(おくだけいわ)

項目詳細
職業元衆議院議員(10期)
出身地石川県白山市出身
誕生日など1927年11月26日 - 1998年7月16日
血液型不明
卒業高校不明
結婚歴長男は奥田建氏
備考「竹下派七奉行」の1人


早稲田大学政治経済学部卒業後は郷里に配信されている北國新聞社東京支社に勤務し政治記者となります。

1958年に郷里に戻り父親の会社を手伝っていましたが、1967年に石川県議会議員に立候補し当選を果たす。

石川1区の自民党議員が病気の為出馬を断念したのをキッカケに国政に出る。
第32回衆議院議員総選挙(1969年12月実施)に自民党公認にて立候補し初当選をする。

同期当選に森喜朗氏がおり、のちにこの二人は「森奥戦争」と呼ばれる覇権争いを演じます。

奥田敬和自身は田中派から竹下派へと転じ、竹下派七奉行と称されるようになりますが、田中派が竹下創世会によって完全に二分されると「改革フォーラム21(羽田・小沢派)」を渡部恒三氏らと結成する。

その後は新生党、新進党、太陽党、民主党と渡り歩き享年70歳、胃がんにて逝去されました。

渡部恒三(わたなべこうぞう)

早稲田大学・第一文学部卒業

渡部恒三(わたなべこうぞう)

項目詳細
職業衆議院議員(13期目)
出身地福島県南会津町出身
誕生日など1932年5月24日
血液型不明
卒業高校福島県立会津高等学校
結婚歴不明
備考福島県第4区

早稲田大学在学中は政治家を多数輩出している雄弁会に所属していました。2年先輩には政治評論家の三宅久之氏、同期には藤波孝生氏がいます。

福島県議会議員を経験した後に、第32回総選挙(1969年実施)に自民党から公認を得られなかったため、無所属として立候補(当選後に追加公認)し、その時のキャッチフレーズは「会津のケネディ」。

それからは連続当選13回で、この当選回数を誇るのは民主党内ては羽田孜元総理大臣、小沢一郎氏らと並ぶものです。

これはYouTubeの動画です。
民主党・渡部恒三最高顧問が街頭演説する様子を捉えた動画です。


保守本流の流れで政界を歩み、竹下派時代は竹下派七奉行(奥田敬和・渡部恒三・羽田孜・橋本龍太郎・梶山静六・小渕恵三・小沢一郎)と呼ばれておりました。

現在は長老であり大御所であることから党内などの調整役に徹し、サイドから小沢民主党を支える。

そのため「黄門様」と呼ばれています。

会津訛りから繰り出す独特の喋り方が特徴で、第21回参議院議員通常選挙では「負けたら小沢一郎とともに辞める」と宣言して、大勝を収めました。

田中眞紀子(たなかまきこ)

早稲田大学・第一商学部卒業

田中眞紀子(たなかまきこ)

項目詳細
職業衆議院議員(5期目)
出身地東京都目白区
誕生日など1944年1月14日
血液型AB型
卒業高校日本女子大学附属高等学校卒業
結婚歴夫は現参議院議員の田中直紀氏
備考父は第64代・第65代内閣総理大臣の田中角栄氏

早稲田大学卒業後は、劇団員として女優を目指すが、父田中角栄氏の大反対にあいました。

母ハナが病弱であったことから田中角栄氏が総理在任中はファーストレディー兼通訳として各国を歴訪する。

そのため日中国交回復という偉業を成し遂げた田中角栄氏と共に中国へ行っていることから現在でも中国の要人たちに幅広い人脈を持っております。

演説自体は父田中角栄氏譲りの面白い会話なのですが、
「亀井うるさい静香」(亀井静香氏のこと)
「「『もなか』だか『おなか』だか」(野中広務氏のこと)
「かんぞうだか、しんぞうだか」(安倍晋三氏のこと)
などなど人の一番大切である名前部分を文字って笑いを取ろうとする、お笑いにおける禁じ手(というよりは、お笑い分野では、怒りの感情を起こさせずに笑いにするギリギリの状態はプロ中のプロでないと表現できないとされています)をたまに使うため、嫌悪感をもよおす人も多い。

ただその一方で
「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」
「凡人」「軍人」「変人」
など、なるほどと唸らせるような文言も多い。

これはYouTubeの動画です。
父親同士の戦いであった“角福戦争”因縁の代理戦争と言われた国会答弁です。


第1次小泉内閣の外相に就任(2001年4月26日)し、「外務省は伏魔殿」などと言って改革に積極的でしたが「(改革をしろと言ってる小泉氏本人が)スカートの裾を踏んづけている」と事実上の批判から、首相との関係が悪化。

9.11のアメリカ同時多発テロ事件の直後、ライス国務長官から機密情報であるアメリカ国務省職員の避難先を安易にマスコミの前で喋ってしまったことで、2002年1月29日に外務大臣の座を更迭されてしまいます。

秘書給与横領事件で自民党から党員を停止されました。
議員辞職の後に復活当選。
現在は民主党会派(民主党・無所属クラブ)として活動しています。

早稲田大学在学中は久米宏氏と同期でした。

夫の現自民党参議院議員の田中直紀氏の応援演説にも出かけていくのですが、あまりの喋りすぎに田中直紀氏から「僕はまだ自民党員なのだから、発言には気をつけるように」と諭される部分もあります。

平松庚三(ひらまつこうぞう)

早稲田大学・文学部中退

平松庚三(ひらまつこうぞう)

項目詳細
職業小僧com会長
出身地北海道出身
誕生日など1946年1月6日
血液型不明
卒業高校不明
結婚歴有り。媒酌人は渡邉恒雄氏
備考元ライブドアホールディングス(現LDH)社長

早稲田大学文学部を中退してアメリカに渡り、アメリカン大学コミュニケーション学部ジャーナリズム学科卒業することとなります。

この時に読売新聞ワシントン支局でアルバイトをしており、その関係で読売新聞社の渡邉恒雄氏と知り合うことになり、後に渡邉恒雄氏が結婚式の時の媒酌人をつとめています。

これはYouTubeの動画で浅尾慶一郎氏と平松庚三氏との対談です。


アメリカン大学を卒業後はソニーに就職します。
そしてソニーから出資を受け、会計ソフトの弥生を制作する会社を立ち上げます。

初期の頃は順調にいっておりましたが、折からのネットバブル崩壊と安売りソフトで有名なソースネクスト(SOURCENEXT)社などの台頭により、厳しい経営環境を強いられる事となります。

2004年12月に堀江貴文氏率いるライブドアに、弥生株式会社の全株を譲渡する形でグループ入りします。

堀江貴文氏逮捕を受けて、イメージ重視の会社戦略からライブドア代表取締役社長(2006年6月14日)に就任しライブドアホールディングスへと移行させましたが、結局は会社の幕引きをしただけの格好となりました。

ナベツネこと渡邉恒雄氏は終始ホリエモンこと堀江貴文氏のことを良くは言わなかったが、結婚式の仲人・媒酌人を務めた平松庚三氏のことについては、苦しいながらも擁護し続けました。

下平さやか(しもひらさやか)

早稲田大学・法学部卒業

下平さやか(しもひらさやか)

項目詳細
職業テレビ朝日女子アナ
出身地東京都新宿区出身
誕生日など1973年2月12日
血液型B型
卒業高校カリタス女子高校卒業
結婚歴独身
備考両親はフジテレビ勤務

早稲田大学法学部卒業後にテレビ朝日に入社しました。
ちなみに大学時代には菊間千乃(元フジテレビ女子アナ)とは同じゼミでした。
同期入社では、高橋真紀子さん、西脇亨輔さん(現在はアナウンス部ではありません)などがおられます。

下平さやかさん自身は、自分自身を形成した環境について次のものを挙げています。

◇次女であること
◇丑年であること
◇血液型がB型
◇ベビーブーム世代であること
◇中学と高校が女子校だったこと
◇28歳の今でも両親と姉と住んでいること
◇友達に恵まれていること

また余談ですが「左利き(サウスポー)」でもあります。

これはYouTubeの「トゥナイト-春夏インナーランジェリーコレクション講座」の動画で、ナビゲーションをやっております。


丸川珠代アナが参議院議員に転出して、テレビ朝日を退職したため、今までは「裏番長」と呼ばれていましたが、「表番長」に昇格したようです。

パソコンは得意で1日10時間程度は、触っているそうです。

現在出演中の番組は
「やじうまプラス」;(月〜金)6:00〜8:00
ガリベン!;(土)19:00〜
などがございます。

武部勤(たけべつとむ)

早稲田大学・法学部

武部勤(たけべつとむ)

項目詳細
職業衆議院議員(7期目)
出身地北海道斜里郡斜里町
誕生日など1941年5月1日
血液型不明
卒業高校北海道斜里高等学校
結婚歴不明
備考北海道第12区

早稲田大学に入学したのは第二法学部でしたが、その後第一法学部に転部して、そのまま卒業に至りました。

その後は三木派で徹底的に政治というものを学んで北海道議会議員に立候補して当選を果たす。

鞍替えで衆議院議員に北海道より無所属で立候補しましたが、あえなく落選。

しかし次回の第38回衆議院議員総選挙(1986年実施)では、渡辺美智雄氏の後ろ盾もあり無所属ながら初当選を果たし、当選4年後に渡辺美智雄氏が渡辺派を形成するということで、自民党に入党する。

これは石原伸晃(いしはらのぶてる)氏の後押しをしている武部勤氏のYouTubeの動画です。


「加藤の乱」の中心的人物で、当初は小泉純一郎氏と激しく対立していました。

そして山崎拓派に移ってからも、小泉批判の急先鋒でもあり、派閥の関係で小泉政権を誕生させようと総裁選では山崎派として小泉氏に投票することをいち早く決めたが、武部氏は最後まで頑として拒んだか、最終的には渋々小泉純一郎氏に投票しています。

しかし第一次小泉純一郎内閣で、農林水産大臣で初入閣を果たすと、小泉氏の元で元気に動き回り、小泉氏が退陣したあとには「偉大なるイエスマン」とまで言わしめる関係となっていました。

あの郵政国会の時は幹事長を務め、亀井静香氏の元へはライブドア社長の堀江貴文氏を送り込んで、世間を盛り上げ、自民党大勝の一翼を担いました。

衆院千葉7区の補欠選挙(2006年4月実施)では、小泉チルドレンのほとんどを投入し自らも千葉に乗り込んで、陣頭指揮をとりましたが、結局は惨敗。

武部氏の戦略がまずかったからではないか、と党内では「最初はグー、斎藤健、武部はパー」の陰口をたたかれました。

河野洋平(こうのようへい)


早稲田大学・政治経済学部経済学科

河野洋平(こうのようへい)

項目詳細
職業衆議院議長
出身地神奈川県平塚市
誕生日など1937年1月15日
血液型不明
卒業高校早稲田大学高等学院
結婚歴不明
備考神奈川県第17区

父は河野一郎。
息子は河野太郎です。

現在は14期目の衆議院議員であり、第71・72代の衆議院議長でもあります。

これはYouTubeの動画で福井元日銀総裁、河野洋平氏、山崎拓氏・福田総理(2008年9月9日現在)の年金の額について言及した番組です。


田中金脈問題・ロッキード事件が発覚した1976年に新自由クラブを結成しました。

田中角栄に挨拶に行った時に「自民党の中にいて、私のことを叩けばいいじゃないか」と自民党に残るように(田中角栄氏自身は自民党を離党して無所属)強く慰留されましたが、若さゆえか、それらの忠告を振り切り新党“新自由クラブ”を結党し自ら党首に就任しました。

メンバーは田川誠一氏、西岡武夫氏、山口敏夫氏らでしたが、いずれも政界の寝業師との異名をとる連中ばかりで、河野洋平氏自身が一番純粋であったのかもしれません。

しかし西岡武夫氏が突然離党し、自民党に復党したことから、総選挙では惨敗して徐々にその力を失っていきます。

10年間どうにかこうにか頑張りますが、とうとう解党し、自民党に復党しました。

科学技術庁長官や外務大臣を歴任はしましたが、やはり失われた10年の溝は大きく、そこから上には何度かマスコミなどでは名前があがりましたが、さすがに進展はありませんでした。

2003年以降は衆議院議長としてのつとめを果たしております。

額賀福志郎(ぬかがふくしろう)

早稲田大学・第一政治経済学部経済学科

額賀福志郎(ぬかがふくしろう)

項目詳細
職業衆議院議員(茨城2区)
出身地茨城県
誕生日など1944年1月11日
血液型不明
卒業高校佼成学園高等学校
結婚歴不明
備考母親は立正佼成会の信者です

母親の信仰心から希望していた佼成学園高等学校を卒業後に早稲田大学第一政治経済学部経済学科に進学し、卒業します。

早稲田大学時代は、政治家を多数輩出している“早稲田雄弁会”に所属しておりました。
早稲田大学卒業後は産経新聞社に入社し政治畑を歩む。
担当派閥は、三木派・田中派などです。

第37回衆議院議員総選挙(1983年実施)で初当選を果たして、田中派に所属するが折しも早稲田大学出身者先輩でもある竹下登氏の創政会に参画することとなりました。

その後、一貫して竹下派の流れで、竹下派→小渕派→橋本派→津島派と派閥の流れとともに歩んで参りました。

これはYouTubeの動画で昨年(2007年10月26日)に起こった財務省職員の集団強姦事件について、当時の財務大臣だった額賀福志郎氏が会見するシーン(後半)。


将来は総理大臣と嘱望されましたが、2000年に発覚したKSD事件(最終的に事件は立件されませんでした)で、KSD側から1500万円の献金を受けていたことが報道され、責任を取る形で経済財政政策担当大臣を辞任しました。

また防衛庁長官(現防衛省)時代に2度とも(たまたまだと思いますが1998年と2006年)北朝鮮からミサイルを発射されることとなります。

また強力にバックアップしていた竹下登氏が死去したことも政治的求心力を失う事となりました。

また安倍首相が辞任を表明(2007年9月12日)した時点で、総裁選立候補をいち早く宣言しましたが、その後政界が福田康夫氏擁立に大勢が動いたことで、今度は一転「総裁選には出馬しない」との発表してしまったことで、国民よりの心証が悪くなりました。

田原総一朗(たはらそういちろう)

早稲田大学・第一文学部

田原総一朗(たはらそういちろう)

項目詳細
職業キャスター・ジャーナリスト
出身地滋賀県彦根市出身
誕生日など1934年4月15日
血液型不倫
卒業高校滋賀県立彦根東高等学校
結婚歴ダブル不倫の末に結婚/私たちの愛より
備考入れ歯であることを告白

早稲田大学の第一文学部卒業に間違いはないのですが、最初は第二文学部(夜間)に入学したあと中退して、再度第一文学部に入学し直して、卒業しました。

東京12チャンネル(現:テレビ東京)開局(1964年)と同時に入社してドキュメンタリー番組などを中心にテレビプロデューサーをしておりました。

当時のドキュメンタリー番組の代表格と言えば『日本の素顔(NHK)』『ノンフィクション劇場(日本テレビ系列)』などが一般的でしたが、確信犯的にやらせ的な演出を行い、その全貌を“やらせとして隠す”のではなく、全てをさらけ出すという手法で新境地を開拓したことで知られています。

これはYouTubeの動画です。
安倍晋三政権について語ったものです。


テレビ東京退社後には田中角栄への単独インタビューで、その名前を知られることとなります。

最近では「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」などが代表的な番組となっております。

両番組とも司会者という位置づけではなく、自分の意見を言うためにパネラーの人たちを利用し、やらせ的な演出によって番組を盛り上げるという手法は、テレビ東京在職時に用いた手法そのものなのです。

しかし「朝まで生テレビ!」にしても「サンデープロジェクト」にしても比較的視聴者レベルが高く、論客なども多いことから、最近では田原総一朗さんの、そういった手法に対して批判をする人も多い。

討論番組であるのに討論するのではなく、田原総一朗さんの意見の最終的ゴールに向かって行くという点を言ってるわけですが、視聴率だけは両番組とも高い。

「サンデープロジェクト」などでは政治家本人がその政治方針の本音部分を語ることも多く、その政治家の発言によって翌日からの株式市場の相場が動くといった場面も多いため視聴者も「見ておかねばならない番組」として注視しているようです。

辻元清美 (つじもときよみ)

早稲田大学・教育学部卒業

辻元清美 (つじもときよみ)

項目詳細
職業社会民主党衆議院議員
出身地奈良県吉野郡大淀町
誕生日など1960年4月28日
血液型不明
卒業(内縁の夫・北川明がいる)
備考逮捕歴あり

社民党結党直後の当時の党首だった土井たか子さんの、「一本釣り」によって立候補した総選挙で衆院議員にめでたく初当選(1996年10月20日)し同じく「土井チルドレン(保坂展人・中川智子)」と呼ばれています。

中々最近では逮捕歴があるからか、あまり表だって出てくることはなくなりましたが、これはYouTubeの動画です。


「ど忘れ禁止法を適用したい」や「あなたは疑惑の総合商社」「ソーリ、ソーリ、ソーリ」などと過激な追求も多かった。

しかし2003年に発覚した秘書給与詐欺容疑で逮捕(その前に衆議院議員を辞職)、後に有罪が確定(懲役2年執行猶予5年)したことで、現在では以前に比べると大人しくなっていますが、あの秘書給与詐欺容疑では、総選挙も近かったことから何らかの意図的な力が働いたのではないかとの噂は今でも絶えない。

秘書給与流用の詐欺罪で逮捕(2000年9月)され、民主党初の除名処分者となった山本譲司氏(現在は出所後ホームヘルパーをしています)とは、くしくも早稲田大学で同じゼミをとっておりました。

岡田武史(おかだたけし)

早稲田大学・政治経済学部

岡田武史(おかだたけし)

項目詳細
職業サッカー日本代表監督
出身地大阪府大阪市
誕生日など1956年8月25日
血液型A型
卒業高校大阪府立天王寺高校
結婚歴学生結婚
備考阪神タイガースの大ファン

大学卒業後に名門・古河電工に就職してサッカーを続ける。
頭脳派プレーを得意としており、何回も日本代表に選ばれています。

引退後は指導者としての道を歩むことになります。
ドイツなどにも留学し、大学時代から続けてきた「考えるサッカー」を更に発展させている。

常に頭の中は「どうすれば日本人が、海外の競合チームを相手に勝てるようになるのか」と問い続けました。


これはYouTubeの動画です。
岡田ジャパンの日本代表 vs 北朝鮮代表との決戦模様です。
すったもんだの末に中国・重慶で行われましたね。


フランスW杯最終予選にて代表チームがアジア予選で敗退濃厚の窮地に陥ったため、加茂周監督が解任され、岡田武史氏が代わって監督となる。

急な交代だったため最初は色々と言われましたが、加茂周監督から代表として外されていた中山雅史らを中核に据えることで、ジャパンパワーを生みだし、ジョホールバルの歓喜とも呼ばれる、初のワールドカップ出場を果たす。

ワールドカップでは、土壇場になって三浦知良をメンバーから外すなどしたためか、3敗のまま敗退します。

しかしイビチャ・オシム監督の後任を指揮し、2010年開催予定の第19回大会・南アフリカ共和国大会を岡田ジャパンを率いて挑戦する。

綿矢りさ(わたやりさ)

早稲田大学・教育学部国語国文学科

綿矢りさ(わたやりさ)

項目詳細
職業作家
出身地京都府京都市左京区出身
誕生日など1984年2月1日
血液型不明
卒業高校京都市立紫野高等学校
結婚歴独身
備考本名は山田梨沙(やまだりさ)

京都市立紫野高等学校の2年生の時に受験勉強から逃避したいという気持ちで書いたのが「インストール」で綿矢りさの処女作となりました。

第38回文藝賞受賞を受賞後、その3年後には芥川賞受賞。
そして上戸彩で映画化もされました。

これはYouTubeの動画で、貴重なものです。
あまりテレビに出たがらないため。。


芥川賞にインターネットを題材としたものとしては少しに阿波にいような気がしないでもありませんし、そのような批判もありましたが(女性であり当時最年少だったことから、単に文芸離れから下火になりつつあった芥川賞を世間に再認知させるためのものではなかったのか)、その批判はさておき、映画化されたこともあって若者たちに支持されたことは事実です。

受賞直後はストーカーに狙われていたこともあり、隠れて暮らすような生活を送っていた時期もありましたが、大学を卒業後は徐々に心も癒されてきたのか、テレビなどの取材にも応じるようになってまいりました。

その他では「夢を与える」「蹴りたい背中 」など。

馬場典子(ばばのりこ)

早稲田大学・商学部

馬場典子(ばばのりこ)

項目詳細
職業日本テレビ女子アナ
出身地東京都豊島区出身
誕生日など1974年4月27日
血液型O型
卒業高校女子学院中学校・高等学校
結婚歴独身
備考「BORA」のメンバー

1997年に早稲田大学商学部を卒業後に日本テレビへ入社。
同期で入社したアナウンサーには河本香織、蛯原哲、菅谷大介、長谷川憲司などがいます。
端正なマスクと明るいキャラクターが受け人気アイドルアナウンサーになり、日テレアナウンサー同士で結成した女性ユニット「BORA」のメンバーを結成したこともありました。
「BORA」のメンバーは延友陽子(33)古市幸子(34)での3人組で、CDなども発売しています。

そのメンバーの一人延友陽子アナウンサーは2008年4月8日に医師と結婚していたことが発覚しました。

馬場典子さんは「当店オススメ」、「期間限定」、「幻」といった類の言葉に弱く、ついつい買い物しがちになってしまうのが弱点。

年に1回は必ず海外旅行に行くようにしているとのことです。

大抵は一人旅で行くことが多いのですが、2007年某国で見事な連携プレーにはまってしまい、パスポートをとられそうになったという逸話がございます

現在出演中の番組は「ズームイン!!SUPER」「Theサンデー」「世界仰天ニュース」「ザ・サンデー」「キューピー3分クッキング」などがございます。。

大塚範一(おおつかのりかず)

早稲田大学政治経済学部

大塚範一(おおつかのりかず)

項目詳細
職業フリーアナウンサー
出身地東京都江戸川区小岩出身
誕生日など1948年9月28日
血液型B型
卒業高校東京都立両国高等学校卒業
結婚歴不明
備考元NHKアナウンサー

元々NHKのアナウンサーで1973年に入局。

『サンデースポーツスペシャル』『クイズ百点満点』の司会などを初めとして、各種のスポーツ実況を務めたばかりでなく、紅白歌合戦の実況(ラジオ第一)なども担当したことがあり、幅広いジャンルで活躍できるアナウンサーとして知られています。

1994年にNHKを退職してフリーアナウンサーとして独立しました。

NHK時代にフジテレビの人気ドラマである『北の国から』に、本人もそれとは気づかずに出演したことがあり、後年になって、その事実が発覚しました。

にNHKを退職後は主に『めざましテレビ』を担当し、今では朝の顔とも言える存在になっております。

これは『めざましテレビ 15周年記念』のYouTubeの動画です。


特にスポーツ関係の実況に定評があるのですが、NHKを退職した一番の大きな理由はオリンピックの実況アナができなかったことが原因だったと後に語っております。

大塚範一さんは特にバスケットボール関係に造詣が深いのですが、民放の場合どうしても視聴率優先のため、スポーツ関係ではまだ大塚範一さんの希望は叶っていないとも言えます。

福田康夫(ふくだやすお)

早稲田大学・政治経済学部

福田康夫(ふくだやすお)

項目詳細
職業元総理大臣(衆議院議員)
出身地群馬県高崎市
誕生日など1936年7月16日
血液型A型
卒業高校麻布高等学校
結婚歴嶺貴代子(桜内義雄氏の姪)
備考2008年9月1日に内閣総理大臣を辞任

2007年9月安部晋三氏の突然の辞任を受け、急遽第22代自由民主党総裁、そして第91代内閣総理大臣に就任し、期待される。

しかしどこか他人事である話しぶりと折り重なる年金問題・経済対策問題などで内閣支持率が急降下し、あとはいつ解散総選挙を行うのかというのが焦点でした。

しかし突然官邸にて2008年9月1日の午後9時半から、緊急記者会見を行い辞任を発表しました。

今人気急上昇中のキーワード「あなたとは違うんです」のYouTubeの動画です。
昨日の今日で、ものすごいアクセス数です。




      ,r;;;;ミミミミミミヽ,,_
    ,i':r"      `ミ;;,
    彡        ミ;;;i
    彡 ,,,,,、 ,,,,、、 ミ;;;!
     ,ゞi" ̄ フ‐! ̄~~|-ゞ,
    ヾi `ー‐'、 ,ゝ--、' 〉;r'
    `,|  / "ii" ヽ  |ノ
     't ←―→ )/イ    あなたと違うんです
       ヽ、  _,/ λ、
    _,,ノ|、  ̄//// \、
_,,..r''''"   | \`'/  /    ̄`''ー
      |  /\  /
      |/)::::/\/
      | ,r":::ヽ /  
      |i´:::::::::| /


皆さん、アスキーアート上手いですね。

元々「政治家になるつもりはない」との意思は堅かったが、後継者とされた次弟(横手征夫氏)が病気になったために、実父の福田赳夫氏の地盤を引き継ぐべく、秘書より始めて、政治のイロハを勉強し始める。

第2次森内閣で内閣官房長官に就任し、弁明長官と呼ばれ、のらりくらりと交わす発言手法は、それなりに評価も高かったのですが、総理大臣となるとさすがに「のらりくらり」は通用するわけもなく、窮地に追い込まれる。

さらに連立を組む公明党が政権与党としての旨味を知りながら、公明党自身の置かれた立場を上位にするための駆け引きを矢継ぎ早にやってきたため、辞任するしか方法がなかったとも言える。

ちなみにフランス、スイス、オーストリア、ドイツの諸団体のホームページ上では、2008年現時点において、とりわけ問題のあるカルト教団のリストの中に、相変わらず創価学会がその名を挙げられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A#.E3.80.8C.E7.A4.BE.E4.BC.9A.E7.9A.84.E8.A9.95.E4.BE.A1.E3.80.8D.E7.AF.80.E3.83.95.E3.83.A9.E3.83.B3.E3.82.B9.E3.81.A7.E3.81.AE.E3.80.8C.E3.82.BB.E3.82.AF.E3.83.88.E5.A0.B1.E5.91.8A.E3.80.8D.E3.81.B8.E3.81.AE.E8.BF.BD.E5.8A.A0.E3.81.A7.E3.81.8D.E3.81.BE.E3.81.99.E3.81.8B.EF.BC.9F

そしてその創価学会を母体とする公明党が政権与党にいること自体が本来ならおかしな話ではあるが、「その国の政治は、その国の国民のレベル」と言われれば、仕方のない部分もあります。

乙武洋匡(おとたけひろただ)

早稲田大学・政治経済学部卒業

乙武洋匡(おとたけひろただ)

項目詳細
職業杉並区立杉並第四小学校勤務
出身地東京都新宿区出身
誕生日など1976年4月6日
血液型不明
卒業高校東京都立戸山高等学校卒業
結婚歴早稲田大学の後輩の仁美さんと結婚
備考ブログ炎上歴があり

「障害は不便ですが、不幸ではありません」と訴え続けた乙武洋匡さんは五体不満足が大ベストセラーとなります。

また今でも売れ続けているロングセラー本で日本の出版市場でも3本の指に入るほどのものとなっております。

人々に感動と勇気を与え続けた功績は大きいと言えます。


大学卒業後はスポーツライターとして報道番組などを中心にして活躍します。

しかしたまにバラエティー番組などに出演した時のこと。
明石家さんまさんの番組などで、自虐ネタなどを披露し文字通り「障害は不便ですが、不幸ではありません」ということを心の底から言いたかったのでしょうが、明石家さんまさんからは

オマエ、卑怯やぞ。
オレ、何と答えてイイか、わからへんやないか!

などと言われたこともございます。



確かに乙武洋匡さんの「同情されたくない」との気持ちも大切にしなければなりませんが、対する相手方になった時には、返答に難しいものがあるようにも思います。


乙武洋匡さんはやがて子供の生き方に強い興味を覚え、小学校の教員になるための教員資格をとるために、明治大学の通信教育で学士入学し、無事に教員免許を取得。

現在今年(2008年)1月3日に第1子(3106グラムの男児/長男)が誕生しました。
結婚してから7年目に当たる、夫婦待望のジュニアを授かったことになる。

ちなみに奥様が乙武洋匡氏と結婚したのは早稲田大学の卒業式の直前に婚姻届を提出しました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。