菊池麻衣子(きくちまいこ)

慶應義塾大学商学部卒業

菊池麻衣子(きくちまいこ)

項目詳細
職業女優
出身地東京都北区
誕生日など1974年7月19日
血液型O型
卒業高校慶應義塾女子高等学校
結婚歴できちゃった結婚を2007年8月4日に発表
備考現在二児の母

高校時代から芸能界入りしており、「ふたりっ子(1996年)」に出演して、世間からの注目を集める。

その後「火曜サスペンス劇場」「心療内科医・涼子(1997年)」「お水の花道(2001年)」「相棒Season5(2007年)」などに出演します。

これはYouTubeの動画です。
忠臣蔵の冬桜です。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

現在はアメーバブログで「菊池麻衣子のmaiblog」を展開中です。
尚慶応につきましては、慶應中等部以来10年間通っていることになります。

青島幸男(あおしまゆきお)

早稲田大学第一商学部卒業




項目詳細
職業放送作家・政治家
出身地東京都中央区日本橋
誕生日など1932年7月17日〜2006年12月20日
血液型不明
卒業高校東京都立武蔵丘高等学校
結婚歴不明
備考タレント議員の走り

早稲田大学第一商学部卒業後に早稲田大学大学院に進むが、病気療養のために大学院は中退せざるを得なくなります。

超マルチタレントと言われ、『スーダラ節』の作詞を初めとして、クレージーキャッツ、若大将シリーズなどでも映画の主題歌を作詞し、同時にいじわるばあさんなどに出演して国民から人気を得るなど、才能にあふれた方でした。

これはYouTubeの動画です。
いじわるばあさん(1967年〜読売テレビ)の時のものです。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

政治家に転身してからは、選挙公報作成や政見放送録画以外の選挙運動を一切やらない「金を使わない政治家」として知られていましたが、改革派としてやはり絶対的な国民からの人気が背景にございました。

参議院議員を経て最終的には東京都知事に。
ただ晩年はそれらの威光もかすみ、選挙に落選することも多かった。

結局は落選したのですが、娘の青島美幸を二院クラブ公認で立候補させるなど、自らが政治批判してきた世襲政治を自分自身で演じてしまうなどのことで、国民からの支持・信用が失墜したためだと言われています。

あの小泉純一郎氏も次男に政治家を世襲させましたが、やはり世襲政治というのは中々止めることができないものなのでしょうか?

大橋巨泉(おおはしきょせん)

早稲田大学政治経済学部新聞学科中退

大橋巨泉(おおはしきょせん)

項目詳細
職業タレント/実業家
出身地東京都墨田区両国
誕生日など1934年3月22日生まれ
血液型不明
卒業高校日本大学第一中学校・高等学校卒業
結婚歴浅野順子(前妻はマーサ三宅)
備考パイプカットをしているため前妻との間にしか子供はいない

現在は、11月から翌年4月までオーストラリアとニュージーランドに、6月から9月までカナダに滞在するという「セミリタイア」状態の先駆者でもありますが、上岡龍太郎さん・芳村真理さんらが、大橋巨泉氏に続きました。

政党は民主党に属しており、参議院議員選挙比例区で当選を果たすが、アメリカテロについて民主党執行部との見解の食い違いから辞職する。

これはYouTubeの動画です。
巨泉×前武ゲバゲバ90分からです。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

熱烈な巨人ファンとして知られておりましたが、現在は巨人ファンを辞め、「今の巨人じゃ日本球界は駄目になる」と語っており、長嶋茂雄氏・王貞治氏らを「プロ野球を巨人中心のシステムにした」と毛嫌いしているらしい。

数多くの著作物があり、今でもオファーがあればテレビ出演などをしています。

1973年にカナダのバンクーバーにオープンさせた、日本人観光客が日本語で買い物できる土産物店「オーケーギフトショップ」は今でも盛況のようで、今では7店舗まで拡大させています。

岡田彰布(おかだあきのぶ)

早稲田大学教育学部体育学専修卒業

岡田彰布(おかだあきのぶ)

項目詳細
職業元阪神タイガース監督
出身地大阪府大阪市中央区
誕生日など1957年11月25日
血液型A型
卒業高校関西大学北陽高等学校
結婚歴妻は陽子さん
備考2004-2008年阪神タイガース監督

早稲田大学を卒業後、1980年に阪神タイガースにドラフト1位として入団。
当時監督だったブレイザー監督は「シンキングベースボール(考える野球)」を標榜しており、「岡田はまだ新人なので、ジックリと育てる」と発言。

しかしヤクルトスワローズから獲得したデイヴ・ヒルトンや当時3塁手だった掛布雅之氏が負傷のため欠場していたにもかかわらず、岡田彰布を出さなかったため、甲子園球場で暴動に似た騒動が起きる。

その後球団は、ブレイザー監督を麻生太郎総理大臣と同様「ぶれる人間」と判断して解任。

監督代行として中西太氏に代わる。

それから岡田彰布の活躍が始まる。
そしてその年の新人王になりました。

これはYouTubeの動画です。
あの伝説とも言える1985年4月17日の甲子園球場で行われた巨人vs阪神「バース・掛布・岡田」のバックスクリーン3連発のYouTube動画で、もちろんノーカット版です。
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
1994年に阪神タイガースからオリックス・ブルーウェーブにトレード。
翌1995年に現役引退となります。

その後1998年に阪神タイガース2軍監督に就任。
2004年には星野仙一氏のあとを受けて1軍監督に就任します。
2005年に1度優勝。
2008年には独走態勢から讀賣ジャイアンツに逆転優勝されたことで、責任をとり辞任。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。